海外の人にとっては、着物は日本を代表する文化の一つであると同時に、あこがれの対象であることがあります。

海外から見た着物
海外から見た着物

海外から見た着物

海外から見た着物
海外で、日本人だということが分かると、日本食の寿司が好きだとか、刺身は食べれないだとか、そんな話で盛り上がることがあります。
その流れで、時折言われることが、日本のキモノがとても美しいということです。
海外の人にとって、着物のイメージは大きいようです。
あれを着てみたい、あなたはよく着るのかと言われたり、持っているかと聞かれ困った日本人の女性も多いかもしれません。
家に、母親の着物や成人式の時の着物があるという人はいるかもしれませんが、実際生活の中で普段着物を着る機会はそうそう多くはありません。
ついつい、着物は着るのが大変で、などネガティブなことを言ってしまったりするかもしれません。
しかし、考えてみれば、着物は大切な文化であると同時に、世界でも認知されている美しいファッションなのです。
素材も、貴重な絹などが多く用いられています。
絹は、美容には欠かせないアミノ酸を十種類以上含んでいます。
それを肌にまとうわけですから、大変贅沢なことだと言えるでしょう。
海外の方と接する機会があるなら、着物についての知識を増やしたり、頑張って着付けの練習をしてみると良いかもしれません。
きっと、喜んでいただけるに違いありません。

ピックアップ情報

  • 留学についてはこちらのWebサイトが便利です。